ゆるカメライフ

WordPressに移行しました。今までありがとうございました!

ズームが中心!私が考えるフルサイズ移行後のレンズ構成について語ってみる。

 

祝☆免許を取りました。やったね!撮影の幅が広がるね!

こんにちは、ゆるカメライフの時間です。

 

前回の記事で、私がNikon D5500からフルサイズへの移行を考えていることをいろいろ述べてみたのですが、

当たり前ですが、カメラってレンズがないと写真撮れないんですよね。

yurucamelife.hateblo.jp

 

実は、私の持っているレンズのうちフルサイズに対応しているのは1本

APS-C機(ニコンであればDX機)でカメラデビューをした初心者あるあるなのですが、

買うレンズのほとんどが、DX機専用レンズだった。いやまぁ安いんですもん。売れ筋なんですもん。

 

ゆえにレンズのほとんどをフルサイズ用にまた買い揃えていくことになるのですねぇ。

過去の私が何か書いていたようですが、やっぱりフルサイズを意識し始めた方は、早い段階から『フルサイズ対応』と書かれたものを検討すべきなのだと思います。

 

yurucamelife.hateblo.jp

 

前置きが長くなりすぎるので、早速『フルサイズ機を買うとすればどんなレンズを揃えたいか』について、つらつら述べていきたいと思います。

 

【目次】

  1. フルサイズで使いたい単焦点レンズ
  2. 万能に使えるズームレンズが欲しい!私が買うのはどっち?
  3. 大三元レンズを買えばレンズ沼から抜け出せそうな話
  4. 単焦点レンズだけで動きたい時もあれば、ズームレンズで動きたい時もある
  5. おわりに

 

 1.フルサイズで使いたい単焦点レンズ

 

これは100%買うぞ!と言えるのが35mm単焦点

単焦点が大好きで、なおかつ30-35mmという焦点距離が好きすぎる私。やっぱり万能なんですよね。

 

kakaku.com

 

目次から分かるように、ズームレンズの購入を真剣に考えているのですが、ズームを買ったとしてもこれだけは絶対に買います。

単焦点だけで撮り歩くのってやっぱり楽しい。自由に足でカバーできるのが35mmだと思います。

ちなみにニコンからは28mm F1.8という単焦点も出されているのですが、今現在20mmをDX機に着けて換算30mmとして愛用する身としては『これ以上広くなくていい』という感想です。

 

そして、さっきから何度も出ている20mm F1.8もフルサイズで使いたいと思っている1本。

 

yurucamelife.hateblo.jp

 

超広角の単焦点で風景や夜景を撮るって考えてみただけでよだれが出そうです。

 

 

 2.万能に使えるズームレンズが欲しい!私が買うのはどっち?

 

さて、今回の記事はここからが本番です。

散々単焦点が好きと言いながら、やはり便利なズームレンズ。

 

単焦点の最大のデメリットとして『シャッターチャンスを逃しやすい』というものがあり、私も何度か経験しました。

ピカイチの描写を誇る単焦点とはいえ、時によっては、特に旅行などではズームレンズの方が断然良い。

せっかくフルサイズで撮るのであれば、今まで以上にシャッターチャンスには食らいついていきたいところ。

というわけで、カメラを持って初めて真面目にズームレンズを検討し始めました。

 

【AF-S NIKKOR 18-35mm F3.5-4.5G ED】

 

 

価格・携帯性(385g)・私がよく使うズーム域とあって、真っ先に候補に挙がったのはこのレンズ。…だったのですが、既に候補から外れています

 

理由は単純で『シャッターチャンスを逃さないためにズームレンズでない』ことと、先述の20mm・35mm単焦点があれば足で解決できることでした。店頭で試してみたのですが、思ったほどズームしてる感覚がなかったというのもひとつ。

ただ、フルサイズ対応の広角レンズを1本も持っていない人にはおススメできる1本だと思います。

 

【AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G ED VR】

 

 

24-85mmという広範囲をカバーできて、かつお値段控えめで、かつ465gと軽量で、かつ手ぶれ補正付きですってよ!盛りだくさんです。 

順当にいけば、私の買うレンズはこれです。

重たくない、大きくないという点は私には優しすぎる。

 

評判としても悪くはないのですが、『ゆるい描写が特徴』と書いてらっしゃるレビューをちらほら見かけ、カリカリが好みの私としてはここが難点になってくるのかなと思います。そのあたりは単焦点でカバー…というのも十分に可能ですしね。

 

【AF-S NIKKOR 24-70mm F/2.8G ED】

 

 

ど う し て こ う な っ た 。

 

…いやまぁね、お店でね、試着したらね、『いいなぁ』って…。

 

そりゃ当たり前です。なんてったっていわゆる大三元レンズです。

手ブレ補正付きの新型も出ているのですが、

さらにお値段が上がるだけでなく、ただでさえ重い900gからさらに170g重くなるそうなので、万が一買うとしたら手ブレ補正なしのこっちを選択しそうなのですが、

 

いや、900gって重すぎないか。ボディと合わせたら1.8kgっすよ。持ち歩けるのか。

 

お店で見ていた限り、描写は文句なし。色収差とか開放時の周辺減光とかいろいろ言われてる部分もあるようですが、現像などのデジタル処理で対処できる範囲内だと思っています。

言うなれば24mmから70mmまでの単焦点レンズが一本に詰まっているようなものです。すげー!

今まで50mmを超えてくると使わないと思っていたのですが、

春の風景を撮り歩いているうちに必要性を感じてきたんですね。望遠を持ち歩いて換算80mm近辺とか結構ありました。ゆえに70mmをF2.8始まりで扱えるのは嬉しすぎる。

 

ただもう何度も言っていますがとにかく重い。この重さを持ち運び方法などでどう解決するかが、先述の24-85mm F3.5-4.5にするか、こっちにするかの決め手になってくると思います。

 

 

 3.大三元レンズを買えばレンズ沼から抜け出せそうな話。

 

根が単焦点好きであり、足で構図を作るのが好きな私。

でも、単焦点に拘って街を歩くとなると色んな焦点距離のものが必要になってくる。

そうなると自然とレンズ沼から抜け出せなくなる。

前回の記事で『私の使用頻度が少ない50mm近辺はD5500に任せる』と書いたのですが、

なんだかんだフルサイズ移行後50mm F1.8買いそうですし、下手すれば80mmとかにも手を出すかもしれない。

 

そう考えると、『24-70mmの単焦点が全て1本に詰まってる』と表現したこのレンズを使うと、本当に必要な単焦点だけが見えてくるんじゃないかと思い始めたのです。

初期投資が高くても、長い目で見れば安くなる、と言いますか。

下手に機材に手を出して、あまり使わず中途半端に放置…というのが嫌なので、こういう値段的にもサイズ的にもデカイものをバーンッ!と買うのもアリな気がしてきました。

重い重いって言っても、仮に色んな焦点距離のレンズを持ち運ぶとなると、ボディ+カメラは軽くても荷物全体としては似たり寄ったりの重さになる気もします。

 

 

  4.ズームレンズだけで動きたい時もあれば、単焦点だけで動きたい時もある

 

f:id:yurucamelife:20160301184438j:plain

 

結局今の私に足りないのは柔軟な撮影スタイルです

単焦点が好き、単焦点が良いという考えが強すぎて、撮影を快適に楽しむ何かを見失ってる気がします。

単焦点をガチャガチャ付け替えるのもめちゃくちゃ楽しいんです。でも、どこでもかしこでもそれが楽しいか・それで良いかと言われたらそうではない気がします。

 

それこそ、仮に先述の大三元レンズを買ったとしても、ディズニーのパークには毎回は持って行かないでしょう。向いてないですもん。それに、たまには単焦点でフットワークを作りたくなる時があるはず。

 

今の私になくて、これから作っていきたいのが『臨機応変な撮影スタイル』な訳です。

せっかくフルサイズという良いカメラを持つなら、もっとシャッターチャンスに貪欲になりたい。そのためのズームレンズの検討ってわけです。

 

数あるレンズの中、自分が選んだレンズはとことん力を出し切ってあげて、とことん使い倒したいので、まだまだカタログとにらめっこしていきたいですね。

 

 

 5.おわりに

 

f:id:yurucamelife:20160116231034j:plain

 

前回に引き続き、自分のフルサイズ移行についての考えを、今度はレンズを中心に書いてみました。

DX機(APS-C機)はセンサーの関係上焦点距離が1.5倍になりますけど、フルサイズはそれがないので、広角で風景を撮るのが楽しみでしょうがないんです。魚眼とかも楽しそうです。

 

フルサイズでもなんでも、カメラを買うときはレンズに回すお金を考えておく必要があります。なんてったって、一眼レフの醍醐味はレンズ交換。

だからこそ、勢いで飛びつくのではなくレンズを考えた上で購入に踏み切るのは大事なことだと思ってます。レンズを考えるうちに何が撮りたいのか分かってくることもあります。

 

私もこの記事を書きながら自分に必要なものが分かってきたような気がします。やっぱり文字にしてみるって良いですね♪

 

果たして私はどんなレンズとともにフルサイズ機をお迎えするのか!?

自分でこの記事を書いたことすら忘れるくらい先のことになりそうですが、

私のように『これからフルサイズ…!』と考えてらっしゃる方に少しでも刺激になればいいなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

それでは素敵な写真ライフを!

 

【関連記事】

大きすぎるカメラが苦手な私の、愛機D5500とこの先のステップアップに対する考えを語ってみる。 - ゆるカメライフ

『初心者のレンズ選びの注意点』について、私の考えを語ってみる。 - ゆるカメライフ