読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるカメライフ

WordPressに移行しました。今までありがとうございました!

大きすぎるカメラが苦手な私の、愛機D5500とこの先のステップアップに対する考えを語ってみる。

f:id:yurucamelife:20151220193121j:plain

 
さて、突然ですがカメラを写真を愛する皆さん、
今使ってるカメラを購入することに決めたきっかけってなんですか?
 
私は『赤の一眼レフかっけーwww』と一目惚れして買ってしまいました。
 
そんな直感に近い感じで買ったNikon D5500は、私に写真の楽しさを教えてくれた大切なパートナー。
ただ、徐々にではありますがフルサイズを意識し始めた今日この頃。
 
フルサイズって相当高い買い物ですし、絶対に後悔したくないので半年くらいじっくり考えようと思っているのですが、
色んなカタログ等を見ていると、いかにNikon D5500が私に合っていたかということが分かってくるわけです。
 
というわけで、今回はNikon D5500の特徴・良いところを改めて考えた上で、私の理想のフルサイズ機について語っていきたいと思います。
 

【目次】

 

1.Nikon D5500の特徴・良いところ

 
WiFi機能》
 
一眼レフにWiFiが必要か、RAWで撮ってたら余計要らなくないかと思われる方も多いと思うのですが、あると本当に便利な機能です。
 
あまりに便利なので、ミラーレス含めカメラの購入を考えている友人に決まって『WiFi付きの方が絶対良いよ』と言ってるくらい。
現像までしないという人にとってはスマホへの取り込みに関してPCを経由するのは煩わしいと思いますし、
基本現像する私でも記念写真は現像の対象外なので、旅行先の写真をWiFiでパパッと取り込んでパパッと送れるのは非常に便利です。旅の相手にとっても、すぐ手元に写真がくるのは嬉しいですしね♪
 
 
《軽くてコンパクトなボディ》
 
420gという重さは、着けるレンズにもよりますが、キットレンズを着けて首から下げていても全くストレスがありません。
肩が凝りやすく、また旅行でカメラを提げて歩き回って撮ることが多い私にとって、重いカメラは体力を消耗するので非常につらい。
 
Canon kiss X7に比べると50gほどD5500の方が重いのですが、後に述べるグリップのおかげでかなり軽く感じられるので撮ってて快適です。
 
 
《握りやすいグリップ》
 
Nikon D5500の最大の魅力はこれだと思っています。
購入を決めた時はさほど重要視していたポイントではなかったのですが、深めで手に完全にフィットするこのグリップは撮るのが楽しくなります。
 
身長の割に手が小さく、彼さんの愛機であるD7000を持つとちょっと構えにくさすら感じる私。グリップが深い方が体感的な重さって少し軽く感じるんですよね。
 
以前も書いた気がするのですが、どんないい性能でいいカメラであっても、どこにでも持ち歩きたくなるようなものでないと意味がないと思うんです。
 
私がどこに行くのでも一眼を持ち歩くようになったのは、このD5500のグリップのおかげだと思っています。
 
 

 2.『スペックが高いから万人にとって良いカメラ』という訳ではないと思う

 

フルサイズを考え始めたきっかけは色々あるのですが
撮りたい対象の変化・ハードルの上昇、さらなる高感度での撮影、ボディの傷などが主なものです。
 
じゃあフルサイズを買うとして、どんなフルサイズをどんな基準で買えばいいんだろうか。
 
正直素数や連写性能などのスペックの違いはあまり重視してないんです。
確かにスペックってものすごく大事です。ただ、一般的にスペックが高いほどカメラは大きくなっていく。大きいカメラって人によっては持ち出すのが億劫になりかねない。
その『人』は私かもしれない。
 
カメラは持ち出してこそ価値が生まれるもの。
したがって、私の中では『いかに持ち歩きたくなる一眼か』の方が大事なわけです。
 
スペックにこだわるのも素敵だと思います。ただ、技術はどんどん進化しますし、追い求めてたらキリがなさすぎる。お金があったら別ですが、若い今のうちからそこまで追い求めなくていいかなというのが本音です。
 
話が脱線しましたが、そうなってくると、Nikon D5500の私にとって良かった点を反映すると『コンパクトさ』と『握りやすさ』が最重要ポイントになってきます
 
でもフルサイズで使う値段も性能も高いレンズになってくると、当然重さのあるレンズが増えてくるので、ボディだけが軽くても意味がありません
 

f:id:yurucamelife:20151230085100j:plain

 
実体験ですが、402gであるD5500に、435gのTAMRONの超広角を付けた時『頭でっかち』になって重心がレンズ側になってしまうため、体感的にめちゃくちゃ重く感じられ、しばらく持ち歩くのを渋っていた時期がありました。
だからボディとレンズのバランスも大事という訳ですね。ややこしやーややこしや。
 
 

 3.Nikon D5500からのステップアップを考える私の『理想のフルサイズ』

 
今現在、Nikonのフルサイズの2大売れ筋と言っていいであろうものがD810とD750。
 
この2つの機種の比較記事を色々拝見させていただいたのですが、本当にどっちも良いんですよね。
 
ただ、私の中でD5500からステップアップするならグリップの深さと軽さ・コンパクトさ的にも似ているD750に傾きつつあります。
勝手なイメージですが、D7000シリーズを使っていた方はD800系統、D5000シリーズを使っていた方はD700系統というイメージがあります。あくまで直感です。
 

f:id:yurucamelife:20160111160339j:plain

 
ただ、フルサイズを持ちたいと思ったは良いものの、手が小さい人間からしてみると、いざお店で触ってみると『キツイ』となることが多々あります
もう私も21歳、さすがにこれから手が成長するとは思えない。
 
いざ買ってみたら案外持ちやすかった!ってこともありそうですが、20-30万というお値段で『買ってみる』ってことは非常に厳しい。
…となってくると、D5500同様グリップにこだわってくれている機種というのは凄く魅力的。先述の通り、グリップのおかげで体感的な重さが減りますし。
 
ただ、カメラに詳しい方のブログを見ていると今年あたりD810の後継機が出るんじゃないかと言っておられる方が複数いて、
どれだけ早くても約半年後になる私のフルサイズ購入の頃に何かニュースがあるやもしれないので、正直様子見なところがあります。
 
今年でなくともいずれ発売されるであろう新製品が『コンパクトかつ持ちやすいフルサイズ』がコンセプトになっていれば、私はそれに傾くのではないかなと思います。
 

f:id:yurucamelife:20160102193503j:plain

 
特にカメラ好きのおじさまあたりには『重いからこそフルサイズ。鉛のように思いからこそ撮影意欲がわく』という方結構いそうですし、実際フルサイズってどれもデカいんですよね。
 
ただ、旅写真が好きでなおかつ特に治安が気になる女という立場からすると『デカいカメラはスリのエサ』という認識が強いんです。
カメラは金持ち旅行客の象徴かつ日本人はスリやすいという印象が完全に固まっているので、デカいカメラの持っていくのが純粋に怖いなーとも。
さらに、先述の『手の大きさが合わない』という点も、私よりもっと手の小さい女性割といると思うのです。
これらの点から、比較的コンパクトなフルサイズって案外需要があると思うので、もっと出してくれよぉ~ニコンさんよぉ~なんて言ったりしてます。
 
 

 4.Nikon D5500と私のこれから

 
こんだけ愛着があると簡単に『買い換えたから』と言って眠らせられる性格でもないので、D5500はサブ機として積極的に連れていくつもりです
 
旅先に限ってカメラって調子おかしくなるらしいので、その予備として。
また、レンズ交換が難しい地で、私が普段使わない焦点距離のレンズを付けっ放しにして、必要に合わせて使う。
こんな感じですね。
 
私にとっては、特に50mm近辺に関しては、普段使わないけど無いと困る焦点距離なんです。
けれど、予算や持ち歩く荷物の数を考えると、フルサイズを持ってすぐ買うのは厳しいんですよね。
 

f:id:yurucamelife:20160124144035j:plain

 

だから、50mmに完全に必要性を感じた時もしくは予算に余裕が出来るまで、
Nikon D5500と35mm F1.8(換算52.5mm)という最強の軽量コンビをサブ機としてこれからも共に旅先を歩きたいなと思っています。
以前にも書きましたが、このボディとレンズの組み合わせは軽くて最強です。
 

私自身フルサイズ移行後のレンズ構成についてザックリと考えてることはあるのですが、ここでそれを述べるととんでもなく長くなるので、また別の記事にしたいと思ってます。
 
あと、2台のカメラを持ち歩くのって面倒そう…と思われがちですが、旅先ではレンズ交換であたふたするよりカメラごと変える方が楽なことって結構あります。
最高に軽い組み合わせになるので、荷物にもなりませんしね。
 
何でもかんでもどこでもフルサイズで撮るのがいいというわけではなく、APS-C機とフルサイズを上手に臨機応変に使い分けられるのが理想だと思ってたりします。
 
 

  5.おわりに

 

f:id:yurucamelife:20160227220448j:plain

 
愛機・Nikon D5500は私にいろんなことを教えてくれました。
写真がこんなに楽しいこと、こんなに難しいこと。そしてその難しいことは決して私にとって実現不可能ではないということ。
D5500は写真という趣味だけでなく、私に自信を与えてくれた大切な存在なのです。
 
だからこそ、適当な考えでD5500からステップアップしたくない。
D5500と共に築き上げてきた今までのカメラライフを、D5500時代以上に充実させるためにはスペックだけでなくいろんな面でD5500に似てそれを超えるものを納得して買いたい。
 
そういう考えから『頭の中の整理』として生まれたのがこの記事だったわけです。
 
個人的にはボディやレンズをコロコロ変えるのが好きじゃない。中途半端な理由でコロコロ変える人の写真って結局中途半端だと思うのです。
だからまだまだD5500と共に頑張って、まだ活かしきれてない魅力を存分に発揮してあげたいなと思っています。
そう思うからこそ、時間をたっぷりかけてフルサイズを検討したい。そんな気分です。
 
機会があれば、今回チラッと触れたフルサイズ移行後のレンズ構成についても書いてみたいなと思いながら、この記事は締めたいと思います。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!
それでは素敵な写真ライフを!
 
【関連記事】