ゆるカメライフ

WordPressに移行しました。今までありがとうございました!

春はすぐそこ!京都・城南宮でしだれ梅を見て春の訪れを感じてきた話。

 

寒くなったり暖かくなったり、気を抜いたら体調をすぐ崩してしまいそうな日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

春を待ちわびている方もいれば、花粉が飛ぶから春は嫌いという方もいらっしゃると思いますが、春はすぐそこまで来ているようです。そう、梅の花が満開になっています

 

色の無い風景に嫌気がさしてきていた私は、梅の開花を聞き、色んなサイトを見て回って京都市伏見区の城南宮まで行ってきたので、今回はその写真とともに春を共有できたらいいなと思います。

 

【目次】

  1. 京都・城南宮について
  2. しだれ梅の美しさは想像以上だった件
  3. 梅を撮るには50mmが使い勝手が良かった件
  4. おわりに

 

 

 1.京都・城南宮について

 

f:id:yurucamelife:20160225122026j:plain

 

古くから京都の梅の名所として知られている、伏見区にある神社。

京都駅から京都市営地下鉄で15分ほど、竹田駅下車後15-20分歩いた先にあります。

私は歩いて向かいましたが、調べているとバスで向かうこともできるようです。でも普通に歩ける距離です。

 

拝観料は大人1人600円。三脚・一脚は使用不可ですので注意。

 

 

 

 2.しだれ梅の美しさは想像以上だった件

 

梅というと、桜よりは地味な印象を持っておられる方も少なくないのでは。

しかし、ここ城南宮のしだれ梅はそんな梅の印象をガラリと変える美しさと華やかさ。

 

これが!城南宮の!しだれ梅だ!

 

 

f:id:yurucamelife:20160224130338j:plain

 

濃いピンクの愛らしい梅の花が降り注ぐような、圧倒的な美しさに思わず見とれてしまいます。

 

f:id:yurucamelife:20160224130145j:plain

 

ここには紅梅と白梅が咲いているのですが、私はやっぱり紅梅が好き。

ベタだけどこういう1枚を撮ると春を感じます。

 

f:id:yurucamelife:20160224130842j:plain

 

しだれ梅の木が所せましと植えられており、その本数約150本だそう。

梅が見られるエリアはさほど広くはなく、どちらかというとこじんまりとした庭園という印象。

 

f:id:yurucamelife:20160224131235j:plain

 

でもこじんまりとしているおかげで、くまなく庭園内を見ることができます。

どこを切り取っても絵になるので本当に素敵な場所。観覧できる道の幅が狭いので、撮影する際は周りの迷惑にならないように気を配ることもお忘れなく♪

 

f:id:yurucamelife:20160224131520j:plain

 

今年は暖冬だったということもあり、例年よりもかなり早くこの『しだれ梅まつり』がスターとしたそう。いつもなら2月下旬くらいから咲き始めてるみたいです。

 

2/22に満開というニュースが出て、私が向かったのは翌日の2/23。

これから散り始めるわけですが、花びらが地面を覆い尽くしているのもまた幻想的だろうなぁとも思います。

 

f:id:yurucamelife:20160224132104j:plain

 

やっぱり『日本の美』って素晴らしい。心からそう思えた時間でした。

 

 

 3.梅を撮るには50mmが使い勝手が良かった件

 

ここからは少しカメラブログっぽいことを書いていきます。

せっかくはるばる兵庫から京都まで出るのだから、と今回持っていったレンズは10mmから300mmまで計4本。フルセットで行きました。重い…。

 

予想としては私が愛してやまない20mm F1.8がメインになるのかと思いきや、35mm F1.8ばかり使っていました。換算52.5mmですね。

 

yurucamelife.hateblo.jp

 

先ほど載せた5枚の写真のうち、4枚が35mmで撮ったもの。その理由は

・天気が曇りだった

・木に近づくことが出来ない

・ボケが欲しかった

の3点だと思います。

 

花を撮る上で、影が出来ずふんわりと写せるという点で曇りは『良い天気』と言われているそうで、実際曇りの日に撮影してみましたが、とても撮りやすかったです。

 

ただ、曇りのデメリットとして空を写すことが出来ない。つまり、20mm(換算30mm)だと空が割と大きく入ってしまう。それゆえ、少し長い焦点距離のものの方が使いやすかったわけです。

 

また、一般的に焦点距離が長い方がボケが得られやすい

どちらかというと今回の梅は後ろボケよりも、奥行きを見せるための前ボケを重視していたのですが、それでもやっぱり換算52.5mmの方が扱いやすかったです。

 

梅だけに限らず、これから咲き始める桜なんかも換算で50-70mmの明るい単焦点レンズが1本あれば、撮れるものがさらに良いものになりそうです。

 

 

 4.おわりに

 

f:id:yurucamelife:20160224132035j:plain

 

梅・桜・紅葉あたりはやっぱり京都が一番!改めてそう感じた1日でした。

近場すなわち神戸付近でこまごまと撮影スポットを探してはいたのですが、なかなか見つからず…。迷ったら京都、これを今後の合言葉にします(笑)

 

最近フロリダ・Walt Disney Worldの華やかな写真が続いていたので、久々の日本らしいしっとりとした写真が撮れて楽しかったです。日本の四季って素晴らしい。

 

梅はスポットによって見ごろが様々で、これから満開になる場所も多いと思いますので、是非梅で春の訪れを感じてみてください♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

それでは素敵な写真ライフを!

 

【関連記事】

AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8は単焦点初心者に最適なレンズだと思う話。 - ゆるカメライフ

寺社仏閣だけじゃない!京都””小路散策””のススメ - ゆるカメライフ

大人になった今こそ楽しめる場所!古都・奈良でかなえる『大人の修学旅行』のススメ - ゆるカメライフ