ゆるカメライフ

WordPressに移行しました。今までありがとうございました!

【旅行記その4】複数のホテル滞在を楽しむWDW旅行の個人手配についてまとめてみる。【備忘録】

f:id:yurucamelife:20160218172115j:plain

 

どうもみなさん、もうすぐ2月も終わりですって。信じられませんよね。

3回のつもりが4回になってしまったWDW旅行記も今回で最終回。

最後の記事である今回はWDWを旅行代理店の個人ツアーで行くか、それとも個人手配で行くかについて備忘録として書き記しておこうと思います。

 

【目次】

  1. 私が個人手配を選んだ理由
  2. 私の個人手配の手順・注意点をまとめてみる
  3. 私の思う個人手配のメリット・デメリット
  4. 個人手配してみた感想とホテルの感想
  5. おわりに 

 

 1.私が個人手配を選んだ理由

 

私が個人手配にした理由のひとつとして、『色んなホテルに泊まってみたかった』というものがあります。

 

WDWへの旅は色んな旅行会社さんから色んな個人ツアーが出ていますが、どのツアーも滞在するホテルはずっと一緒なんですよね。

WDWはリゾート内にディズニー直営ホテルだけで20以上あるのに、1つのホテルだけに泊まり続けるのも、確かに荷物を置きっぱなしにできる点では楽だろうけど、少し物足りないなぁと感じたのです。

 

調べていくと『ミッキーネット』というアメリカディズニーの予約を手伝ってくれる会社・HPがあることを知り、個人手配を考え始めたわけです。

 

jp.mickeynet.com

 

予約を入れたのは約5カ月前

2月という閑散期なのにも関わらず、5か月前でも人気ホテルの一部のお部屋は満室だったり、『空室』表記は無く、お問合せしてはじめて空室があることが分かるというような感じでした。

ホテルにこだわった滞在を希望の方は、半年前からホテルを決め始めた方が確実だと思います。

 

 

 2.私の個人手配の手順・注意点をまとめてみる

 

①ホテルの空室確認

 

WDWのホテルは予約を一度入れると即キャンセル料がかかると同時に、パークチケットの払い戻しは不可能ですから、

単に『寝るためだけの場所』ではなく『ホテルもWDWの一つ』と考える方は、航空券より先に泊まりたいホテルの空室確認を取っておく方が無難です。

もしミッキーネットさんで検索をして『お問合せ』になっていたとしても、空室があった場合約1週間考える期間をくださるので、それらも活用してホテルに目星をつけておきます。

 

②航空券の予約

 

2016年2月現在、日本からオーランド空港までの直行便はありません。サンフランシスコやダラスなどを経由して行くことになります。

 

オーランドまでの2本の飛行機は同じ航空会社で手配した方が乗継が確実に楽。

ここでどこの航空会社を選ぶかが問題になるのですが、大きく分けてユナイテッド航空デルタ航空の選択肢があります。

私はANAのマイルを貯めていることもあり、共同便を出しているユナイテッド航空にしましたが、もしマイルを貯めていなくてもユナイテッドにしたと思います。

 

というのも、私の高校の修学旅行先がグアムで、その際デルタ航空を利用したのですがとにかく座席が狭かった印象が強く、

また学年の生徒数が多いため2つに分かれて搭乗したのですが、もう一つのグループの飛行機が機材トラブルで欠航となり、その日のうちに帰国できなかったのです。

これらの理由からデルタ航空にあまりいい印象がないため、どっちみちユナイテッド航空にするつもりでした。

乗ってみたところ座席はそんなに悪くなく、機内エンタメも充実していましたし、ほぼ定刻通りに離着陸がなされたのでまた利用しようと思える航空会社です。

 

③ホテルとパークチケットを予約しよう

 

ホテルを梯子して滞在する場合、1つ目に宿泊するホテルで滞在日数分のパークチケットを全て申し込む必要があります。

 

例:仮にホテルA,B,Cの3つのホテルに宿泊・WDW滞在が6日間

ホテルAとチケット2枚、ホテルBとチケット2枚、ホテルCとチケット2枚

ホテルAとチケット6枚、ホテルBをチケットなしの滞在のみ、ホテルCも滞在のみ

 

そうでないとMy Disney Experienceでのホテルとパークチケットのリンクがややこしくなる可能性があり、せっかくの直営ホテル宿泊者の恩恵を受けられなくなる可能性があるからです。(ただ、ミッキーネット経由で申し込むのであれば、念のため確認を取っておく方が良いと思います)

 

なお、私たちはオーランド到着が現地時間の深夜だったため前泊含めた3泊、1泊、2泊という計6泊で構成し、宿泊ホテルは

・Disney's Art of Animation

・Disney's Animal Kingdom Lodge

・Disney's Port Orleans French Quarter

の全てのクラス(バリュー・モデレート・デラックス)を制覇してみました。

 

また、マジックバンドについては宿泊するホテルごとに新しいものを渡されます

出発前のカスタム(色や名前など)も全てのマジックバンドについて要求されますが、基本的に初めにもらった1本で滞在期間中の入場からルームキー・お会計まで全て行うことが可能です。

 

ただ、新しいホテルでマジックバンドを貰うたびにチェックインにて同期が行われるのですが、これがすんなり上手くいった試しがない。んでもって時間がかかる。

私たちが最後に移動したホテルなんて、散々時間をかけてマジックバンドこねくり回した挙句、翌日インパークしようと思ったらなぜかエラーが発生。

幸い担当者の方が来てくださり、『前日はどのパークに行ったか』という質問を通して本人確認を完了しパークに入ることができましたが、朝から少し疲れました。

 

チェックインの手順自体が日本のホテルに比べてかなりマイペースで地味に面倒に感じられました。

全てを踏まえると、5〜7日滞在の場合は2つのホテルに絞るのが無難なのかな、と6泊で3つ梯子した身としては思います。

なお、ホテル間のスーツケースの移動はベルカウンターに次の宿泊先を申し出れば無料で運んでくれるので心配することは一切ありません(到着は午後5時以降となるので注意が必要)

 

④My Disney Experienceとのリンクを開始

 

ホテルの予約番号を入力するとパークチケットの枚数が表示されるはずです。

ホテルと一緒にパークチケットを購入していれば、60日前になるとFastpass+の申し込みが可能になります。

My Disney Experience | Walt Disney World Resort

 

ESTAの申請・パスポート残存期間の確認

 

個人手配の場合一番忘れがちになるのはこれだと思います。というかついつい後回しにしてしまう。

アメリカ入国に必要なビザの代わりになるもの、という感じでしょうか。クレジットカードとパスポートの旅券番号等を入力し、14ドルをカードで支払って承認がくれば終わりです。

私たちは2人とも即承認でしたが、稀に下りないことがあるようなので30日前には忘れずに済ませておきましょう。

 

また、残存期間も個人手配では落とし穴。

アメリカは帰国日当日までの残存期間で大丈夫だそうですが、90日以上あるのが望ましい(JALのHPより)そうなので、入国審査で聞かれると面倒ですし、あまりにもギリギリなのであれば更新を済ませておきましょう。

 

 3.私の思う個人手配のメリット・デメリット

 

〈メリット〉

 

予定をフレキシブルに組めるのはもちろんですが、旅行代金が安く済む。これに尽きます。

 

ここでいったん整理しておくと、滞在の半分がモデレート以上のホテル(バリュー3泊、デラックス1泊、モデレート2泊)かつチケットにはパークホッパー(1日で複数パーク移動できる機能)をつけ、

飛行機はANAユナイテッド航空の共同便、出発地は関西国際空港、出発日は2月の第一土曜日です。

 

数多くのツアーを出しているJALパックさんで、私たちも滞在したPort Orleans French Quarterに6泊する8日間プラン(成田発)で1人当たり約30万ちょい。大体それより5-6万は安くつきました。

当然時期も左右しますし、為替の変動も影響します(カード決済なのもありますし)

 

感想のところで詳しく書きますが、WDWについては英語が読めれば個人手配でもそんなに苦労しません。ミッキーネットという強い味方もいますし。

それで5-6万程度抑えられるなら個人手配が断然良いと思います

 

〈デメリット〉

 

これは万が一の時の対応がすべて自分でしないといけないことです。

飛行機が定刻通り飛ばず、仕事に間に合わない。間に合わせて帰るために航空券の変更をする、となった時に個人手配の場合頼れるのは自分だけです。ここがWDWの個人手配のデメリットかなと思います。

 

ただ、今のご時世翻訳アプリなどを使って上手くやり取りすることもできますし(空港はWiFiありますし)、

オーランド空港は小さい空港なのでダメでしょうが、経由地になるような大きな空港、私が利用したサンフランシスコ空港には普通に日本人職員がいっぱいいましたし、最悪の場合彼らに日本語で相談することもこともできるでしょう。

 

また個人的には遠い国に行く場合、1日は余裕を見て帰ってくるようにすべきだと思っています。つまり月曜日から仕事なのであれば、日本時間の土曜日の夜に帰国するように予定を組み、最悪フライト時間が大きくずれ込んだとしても日曜日の夜には帰ってこれるようにするといったように、旅行会社に手配をお願いしていたとしてもこのようにゆとりある日程を組むべきだとは思います。

 

ただゆとりがあったとしても、知らない土地でのフライトの変更は不安になるもの。

それが起きた時の最低限の対応(情報を英語で聞き取る・読み取るなど)に自信がない場合は、個人手配は控えておくべきかなと思います。

 

 

 4.個人手配の感想・宿泊したホテルの感想

 

実際にWDWを個人手配してみた感想としては『苦労はなかった』です。

飛行機の予約も日本語で出来ますし、リゾートの予約もミッキーネットを使えば日本語。My Disney Experienceも英語を読むことが出来たら問題は一切ありません。

分からない文章があればコピペしてGoogle翻訳にかけたら大体の意味は分かるはずです。

 

それでは、宿泊したホテルの感想を個別に書いていきます。

 

〈Disney's Art of Animation〉

 

f:id:yurucamelife:20160216150621j:plain

 

リュークラスのいわゆるファミリー向けホテル。寝るだけなら一番いいホテルだと思います。

私たちはリトルマーメイド棟に宿泊しましたが、ホテルそのものが比較的新しいこともあり、設備的にも全く不便さは感じませんでした。

内装も『ザ・ディズニー』という感じで親しみやすい印象です。チェックインもここが一番スムーズでしたし、コスパ面においては最強かと思います。

 

f:id:yurucamelife:20160222213716j:plain

 

アースラ像の存在感には思わず笑ってしまいました。

 

余談ですが、WDWのホテルではクラスに限らずほぼすべてのホテルで歯ブラシはアメニティに含まれていないので注意が必要です。ホテルの売店で買うこともできます。

www.tripadvisor.jp

 

〈Disney's Animal Kingdom Lodge〉

 

f:id:yurucamelife:20160218214152j:plain

f:id:yurucamelife:20160218214811j:plain

 

トリップアドバイザーで第1位の人気ホテル。第1希望のお部屋は2か月前には満室でしたので、人気のサバンナビューではなくプールビューに宿泊。それでも静かで落ち着いたひと時が過ごせました。

フロア全体に漂ういい香り、ゆったりとした雰囲気はWDWのいい意味でガヤガヤとした感じを忘れさせてくれます。

ホテル全体の雰囲気はいかにもラグジュアリーですが、お部屋はこれといって特徴がないというか『寝るだけ』の空間。リピートは別に良いかな。

 

www.tripadvisor.jp

 

〈Disney's Port Orleans French Quarter〉

 

f:id:yurucamelife:20160221154317j:plain

 

トリップアドバイザーでの評価は高いけれど私たちの評価が最悪なホテル。

前半の旅行記で『ホテルのレセプションで舌打ちされた』と書いていたのはこのホテルです。

担当になったのはかなりご高齢のおばあさん。

夜に日本人の対応、マジックバンドの同期で機械とバンドが接触不良と重なりイライラしていたんでしょうけど、あからさまな舌打ちはさすがにこっちも気分が悪い。

 

変な話、先述のお安いバリュータイプのホテルであれば、私たちも対応が悪くても『仕方ないか』と思えるのですが、割と良いお値段がしたし、仮にもWDW直営であり仮にも来訪者からしたらホテルだってWDWの立派な一部な訳です。

運が悪かっただけでしょうが、いい印象が全くもって無いホテル。

 

3つのホテルのうちこのホテルだけ一番ランクの低い部屋(それでもモデレートですからそれなりのお値段はします)だったからなのか、水道管と暖房の騒音が異常なほどうるさい部屋に当たってしまい、熟睡できず次の日になってしまいました。ここでWDW滞在最終日を迎えてしまったのが悔しくてしょうがない(笑)

お部屋の内装自体は綺麗ですし、電気ケトルはないですがコーヒーメーカーはあります。でももう泊まりたくないです(笑)

 

www.tripadvisor.jp

 

総合的な感想と、これからWDWを計画される方に伝えたいのは『ホテルは立地では決めない方が良い』ということです。

アニマルキングダムに近いアニマルキングダムロッジであっても、長期滞在の中でずっとそこに行くわけではありませんし、別パークへはかなり距離があるということも割とありました。

想像以上にだだっ広いWDW。個人的な感覚としては、アニマルキングダムロッジとアニマルキングダムのパークも相当離れていたように思います(笑)

 

外見やテーマ性、評判およびお値段を踏まえてホテルを決め、その中で複数のホテルをチョイスして滞在プランを練ることはWDWを楽しむうえでとてもいいことだと思いますが、

『3日目はマジックキングダムに行くから、一番近いここにしよう』という形でホテルを決めてしまうのはやめた方が良いなという印象でした。

 

また、これはディズニーホテルである以上しょうがないのですが、お部屋はどのクラスでも『寝るだけ』ですし、ホテルによって内装が大きく変わることもあまりないように感じました。

ゆえに、15時くらいに一度ホテルに来てのんびりとしてから、改めて夜のパークに繰り出したいと思う人であれば、ホテル全体の散歩などを楽しめるので有意義だと思いますが、

パークの開園中は遊び倒したい!というパワフルな方で、ホテルには23時くらいに帰ってくる方であれば、わざわざ高いホテルに泊まるメリットは感じられませんでした。もちろんデメリットはありません(朝のロビーが静かなこととかはメリットなように思いますし)

 

もし私がもう一度行くとするならば、滞在前半のパワフルに動く4日くらいは『寝るだけ』に特化したArt of Animationに。

毎日しっかり寝ていても疲れはたまるものですから、滞在後半はAnimal Kingdom Lodgeなどのデラックスタイプのゆったりとしたステイを楽しむように予定を組むと思います。モデレートタイプはお値段の割に中途半端かな…と感じたりしました。

 

 

 5.おわりに

 

f:id:yurucamelife:20160217102800j:plain

 

人生初の6000字超えました。ひょえー。

写真ブログであるはずのこのブログに備忘録としてこれを書いた理由が、複数のホテルに滞在したWDW旅行のことを書いているブログが見つけられなかったからです。

 

また、私が初めてのオーランドという地に完全な個人手配で行くかどうかまだ迷っている時、本当に色んなブログにお邪魔し、そこから本当に色んな情報を貰いました。

きっとこれからWDW旅行を考えている人の中に、私と同じように旅行記ブログを参考にしたくて検索をかける人がいるはず。だから、今度は私が情報を発信する番かなと思ったもきっかけの一つです。

 

長いWDW滞在、泊まってみたいと思っていたあのホテル、迷っているけど切りたくないあのホテル…なんてものがある人は少なくないはず。

そんな人が『ホテル梯子してみよう』と思うきっかけになればと思い、長々と書いたこの記事。

また、個人手配をためらっている人の後押しになったらいいな、とメリットとデメリットを書き出し、誰かの検索にでもひっかかればいいなという気持ちで書きました。

WDW旅行を考える1人でも多くの人に、少しでもヒントになれば幸いです。

 

というわけで2016年2月6日から13日までのWDW旅行記を、この記事にて閉じたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

【関連記事】

【旅行記その1】WDWに行ってみて思ったことを語ってみる。 - ゆるカメライフ

【旅行記その2】写真で振り返るWalt Disney World【キャラクター編】 - ゆるカメライフ

【旅行記その3】写真で振り返るWalt Disney World【風景写真編】 - ゆるカメライフ