読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるカメライフ

WordPressに移行しました。今までありがとうございました!

大人になった今こそ楽しめる場所!古都・奈良でかなえる『大人の修学旅行』のススメ

 

陽も少しずつ長くなり初め、梅なんかもちらほら咲き始めているところもあるよう。

ちょっとずつ春の足音を感じる今日この頃。

どうもこんにちは。

 

突然ですが、『修学旅行』と聞いて思い浮かぶ場所はどこでしょうか?

私は関西の学校だったので小学校は広島、中学校は東京だったのですが、

やはり京都奈良ではないでしょうか。

 

京都は大学生や大人になっても行く機会がありそうですが、少し遠い奈良はなかなか行く機会がないという方も多いのでは。

私もその一人で、最後に奈良に行ったのは10年前。

 

でも調べれば調べるほど、写真と奈良って相性が良いのではないかということに気付き始め、春休みということもあり、勢いで行ってきちゃいました奈良!

 

今回はカメラと共に奈良を歩く、『大人の修学旅行』の魅力について写真とともに語っていきたいと思います。

 

【目次】

  1. 奈良と言えば!奈良公園
  2. 神秘的な雰囲気の春日大社
  3. 興福寺と夕焼け
  4. おわりに

 

奈良公園

 

神戸三宮から阪神電車で1時間20分。奈良に到着して私たちがまず向かったのは、王道・奈良公園

 

私は水面への映り込みを撮るのが好きなので、久しぶりに見た奈良の鹿と戯れながら向かったのが『浮見堂』

 

f:id:yurucamelife:20160203141713j:plain

 

吸い込まれそうな水面へのリフレクション。撮りたいと思っていたどストライクの写真。

この日は気持ちのいい青空で、気温もそんなに低くなかったので、いつまでもぼーっとしてられそうな長閑な場所でした。

 

写真撮影を満喫した後は、奈良の王道中の王道コース・東大寺へ。

もう気分はすっかり修学旅行です。

 

f:id:yurucamelife:20160203141740j:plain

 

私の好みがこの写真にもよく出ていますね(またしても水面)

こういう1枚って、空と水面の比率を迷うわけです。1:1にするか、水面の方を大きく写すか。

そんなことを考えながら数枚撮っていたら、突然目の前に鹿さんがてくてく…

 

f:id:yurucamelife:20160203145107j:plain

 

いやぁもうプロですね。バッチリポージングしてくれたのでバッチリ撮影させていただきました(笑)

それもバッチリ撮れた!と連れと話していたらスタスタと別の人のところへ去って行かれるわけです。すごいよ、奈良の鹿。ありがとう鹿さん。

 

その後大仏さんにもご挨拶しに行きました。小さい頃に校外学習で来た時も大きいなぁと思いましたが、体が大きくなってから見ても圧倒的な大きさと迫力。

 

f:id:yurucamelife:20160203153241j:plain

 

昔に比べてアジア系の観光客が急増したなぁという印象。京都にしてもそうですが、主要観光地は日本語が聞こえないくらい外国人でいっぱいです。

 

 

 

春日大社

 

大仏を見て修学旅行気分を増した後、私たちが向かったのが春日大社

私は初めてなのですが、連れは修学旅行でチラ見した程度だそうで。

 

1kmちょっとの山道を歩いていきます。

奈良の道は鹿のフンがあったり、階段や砂利道だったりと何かと歩きにくいので、汚れてもいいかつ歩きやすい靴で行くのがベストです。

 

灯籠が所狭しと並ぶ道は、異世界のような神秘的な雰囲気

 

f:id:yurucamelife:20160203153542j:plain

 

春日大社の本殿(?)はあまり魅力を感じず、外観のみ見てUターンしたのですが、ここの近くにある夫婦大國社という神社の『水占』が面白かったです。

 

紙を水に深く沈めてしばらくすると文字が浮かび上がってきます。薄いけど。

気になる結果は…おお!大吉ではないか!

 

f:id:yurucamelife:20160203154556j:plain

 

この時点で午後4時前。私たちの最終目的は『夕焼けの奈良』を撮ること。

この日の日没は17時27分なので、山を抜けて五重塔まで戻ります。

 

少し傾いた陽と山の木々の神秘的な1枚も撮れました。

こういう写真好きだったりするのですが、私の住む地域で近場にはなかなかこういうスポットがなく…。

 

f:id:yurucamelife:20160203161618j:plain

 

逆光撮影が好きになったのは『ナノクリスタルコート』のおかげですね(過去記事参照)

 

 

興福寺と夕焼け】

 

17時前に五重塔興福寺の近くに戻ってきたのですが、

陽の沈む場所が五重塔と夕陽をセットに撮影するのには少し微妙だったことが判明し、ブラブラと歩いて興福寺の南円堂をメインに撮影することに。

 

この日は快晴だったので、いい感じで夕空が焼けてきてくれました。

 

f:id:yurucamelife:20160203161910j:plain

 

お寺のお堂のシルエットと夕焼け。これぞ『奈良』を感じます。

奈良だからこそ撮れる風景に出会えて、大人になってから来る奈良もいいなぁと心の底から実感した瞬間。

 

先ほどの1枚は35mm(換算52.5mm)で撮影したのですが、20mm(換算30mm)でも撮影していました。ほんのりと写った光の輪が幻想的です。

 

f:id:yurucamelife:20160203161926j:plain

 

このあと、本当はライトアップまで待つ予定だったのですが、想定以上に暗くなるのが遅く、また歩き回った疲労も溜まっていたので、この辺で神戸に帰りました。

 

次行ったときは猿沢池のライトアップや、平城京跡なんかも行きたいですね…!

 

 

おわりに

 

f:id:yurucamelife:20160203163903j:plain

 

日記のような記事になってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

行きたい、撮りたいと思える場所や写真はありましたでしょうか。

 

約半日のなんちゃって小旅行でしたが、凄く楽しめました奈良!

小学生時代に来たことがあると『懐かしい!』と思うポイントが多々あるので、会話が弾むし、思い出にも浸れていいんですよね。

 

写真撮影という観点からしても、撮影スポットの宝庫と言えると思います。

先述の通り、本当に外国人観光客だらけで、正直東大寺だったり公園の一部のエリアは落ち着いて撮れる雰囲気でなかったりもしました。

私が周った中では、春日大社へ向かう山道が落ち着いて撮影できる良スポットだったように思います。

 

関西にお住まいの方で撮影スポットをお探しの方も、他地域にお住まいで京都へ観光に来る予定のある方も、是非奈良に足を運んでみてください。

少し時間はかかりますが、かけた時間以上の感動と思い出が待っている場所だと思いますよ!

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

素敵な写真ライフを!

 

【関連記事】

寺社仏閣だけじゃない!京都””小路散策””のススメ - ゆるカメライフ

私の夜景撮影の楽しみ方とこだわりを、大阪・神戸の夜景スポットを紹介しながら語ってみる。 - ゆるカメライフ

関西で今季初の本格的な雪だったので、京都ではなくあえて滋賀に撮りに行ってきた話。 - ゆるカメライフ