ゆるカメライフ

WordPressに移行しました。今までありがとうございました!

AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8は単焦点初心者に最適なレンズだと思う話。

 

単焦点レンズを見ながらご飯3杯くらいイケるんじゃないかと思うほど単焦点が好きです。

 

どうもこんにちは。

 

さて、今まで私がキットレンズ以外で持っている3本のレンズのうち2本は、それぞれ個別の記事でその魅力を語ってきました。

 

yurucamelife.hateblo.jp

 

yurucamelife.hateblo.jp

 

そして今回は3本目。おそらくNikonの交換レンズの中で最も売れっ子であろうあの子、

AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8について色々書いていきたいと思います。

 

 

 AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8とは

f:id:yurucamelife:20160117113529j:plain

 

Nikon純正であり、35mm換算にして52.5mmとなるAPS-C機専用レンズ。

重さは200g。

私が重いなと感じるのが超広角ズームの400gなので、その半分であり相当軽い。

そして軽いだけじゃなく、見た目もとてもコンパクト。

 

f:id:yurucamelife:20160124144035j:plain

 

だいたいダンボーの背丈が8cmなので、いかにコンパクトかは伝わるかなと思います。

このコンパクトさであれば、着けて街を歩いていても威圧感がありませんよね。

 

そしてこのお値段(約25000円)。

Canonの撒き餌レンズには到底及びませんが、

これから作例交えて書いていきますが、描写力も素晴らしいので、このお値段でこのクオリティはお安いと思いますし、

初心者にも手が出しやすい1本だと思うのです。

 

www.amazon.co.jp

 

 

 52.5mmという画角の魅力

f:id:yurucamelife:20160117113529j:plain

 

実はワタクシ、このレンズを買う際試着をしませんでした。

というのも前メイン機であるOLYMPUS単焦点(換算34mm)の描写が好きだったことを思い出し、

新たなメインとしてNikon機を導入したときに漠然と『単焦点欲しい!』と思い始め、

先述の通り手が出しやすいレンズだったこの1本を即決でポチったのでした。

 

そして使い続けて分かった52.5mmという画角の魅力は以下の通り。

  • 後ろの様子を写しながらも被写体をしっかり主役にできる
  • ボケやすい
  • 意図を込めた『作品作り』がしやすい

 

例えばダンボーを撮る時。

52.5mmって私の中では思っている以上に被写体が近い。けれど近すぎない距離って感じなのです。

 

f:id:yurucamelife:20160121232745j:plain

 

ほどよく背景も取り入れられるし、そうでいて被写体が小さく写ることもない。

そんな主役をしっかり引き立てられる画角、という感触です。

これが『50mmが標準レンズ』と言われる所以なのでしょうね。

だからダンボーに限らず、可愛いペットやお子さんを撮るのにも向いているレンズだと思います。

 

f:id:yurucamelife:20160115150913j:plain

 

 

また、一般的に焦点距離が長い方がボケやすいと言われており、50mmはボケがしっかり得やすいです

 

例えば、同じF1.8で撮影したとき、20mm(換算30mm)で撮影したボケはこんな感じになります。

ボケてますし、綺麗なのですが『ふんわりとした』ボケとは言いにくいなと感じませんか?

 

f:id:yurucamelife:20160124150650j:plain

 

場所が全然違いますが、35mm(換算52.5mm)で撮影したボケがこんな感じ。

丸ボケも美しいですし、とろけるようなボケ感が得られます。

 

f:id:yurucamelife:20160121233259j:plain

 

補足ですが、よくボケる反面、割と『ボケすぎ』を感じるこのレンズ。

上のバーの写真はシャッタースピードを稼ぐためにF1.8で撮影していますが、2.5-2.8くらいまで絞った方が写りは綺麗です。

 

ズームレンズをお持ちであれば一度固定して撮り歩いてみるとわかるのですが、

52.5mmという画角は余計なものが写らないという印象があります。

 

『写真は引き算』と言われるように、何を引き立て何をフレームアウトさせるかを考えるのが良い写真を撮る上で必須なわけですが、

初心者にとって、この画角の単焦点はそういった見方や構図の取り方の練習に最適だと思うのです。

 

f:id:yurucamelife:20151222074058j:plain

 

引き算をした写真というのは、撮る人間が何をこの1枚で表現したかったのかが伝わりやすい写真

絵葉書のような、作品と呼べるような1枚をじっくりと被写体と向き合って撮ることができる。

それが52.5mmという画角なのではないでしょうか。

 

 

52.5mmという焦点距離は万能ではない

f:id:yurucamelife:20160117113529j:plain

 

先ほどちらっと書きましたが、52.5mmって狭いです。

ゆえに風景撮影にはあまり向いていません。

だから私としては、このレンズ1本だけで街を歩くのは結構不安で

この不安が20mm単焦点の購入のきっかけとなりました。

 

以前の記事で『旅には1本単焦点を持っていけば、ここぞという時や夜の撮影で便利!』と書いたのですが、

ベトナム旅行でこの35mmを持っていったもののほとんど使えませんでした。

 

人によるのでしょうが、私にとって『遠いな』と思って被写体に近づくことは全く問題ないのだけど、『近いな』と思って被写体から離れるのって難しいことが多いんです(特に旅先)

 

でも約50mmという焦点距離は写真を趣味にする者であれば持っていて絶対に損ではないことは確か。というのも50mmはやっぱり『基準』ですから。

それに、初心者が『一眼で撮った写真だな』と感じるのって『ボケのある写真』だと思うのです。

 

正直あらゆるものに使いやすいのは52.5mmよりも30-35mmだと思うんです。

 

でも先ほど書いたように、そんなにボケてくれない。

ボケを楽しむことは一眼での撮影を楽しむことに絶対繋がりますし、まず最初はボケやすい単焦点を使うべきだと思うんです。

じゃないと、初心者のうちは単焦点の恩恵を感じられないと思いますし(私自身、使いたての頃は単焦点の画質の良さもあまり感じられていませんでしたし。汗)

 

単焦点というものの楽しさを知れるのは、万能とはいいがたいけれどこの換算52.5mmなのではないかと感じます。

 

それを分かっているからこそ、Nikonさんはこの画角のものでDX専用を出してきたんじゃないかなぁなんて思ったりも。

 

 

おわりに:35mm F1.8、良いレンズです。

f:id:yurucamelife:20160117113529j:plain

 

サブタイトルは太田胃酸のCM風に読んでいただければ幸いです。

 

私がなぜこんなに単焦点が好きかって、やっぱり単焦点で撮るのが楽しいからなのです。

ズームレンズであればリングを回れば済むところを、自分の足を動かして撮りに行く。

このプロセスの末、まるで自分の体全体がカメラになっているような、そんな感覚になるんです。

 

f:id:yurucamelife:20160121233735j:plain

 

それにやっぱり単焦点の描写力って一度違いに気付くとやみつきになります。

上の写真は35mm(換算52.5mm)で撮ったものを16:9にトリミングしたものなのですが、凄く繊細に描かれていると思いませんか?

 

ズームレンズだと、例えば18-55mmの範囲でズームが出来る場合、

それぞれの焦点距離において8割9割くらいの力が出せるように作られているんです。

 

しかし、単焦点の場合はズームの必要性がなくなったおかげで、その焦点距離における10割の力を出せるように作られている。つまり綺麗に写せるわけです。

 

今のズームレンズはとっても性能が良いですから十分に綺麗に写してくれるのですが、やっぱり単焦点に比べたら劣ります。

 

比較的安くでそういった単焦点の恩恵もしっかり受けられ、さらには被写体をより引き立てた1枚や、引き算をしっかり考えた撮影ができるという意味で、

このレンズは初心者はマストバイな1本だなと、使っていて改めて思います。

 

単焦点』というものを知り、それが買うべきものなのか

2本目レンズとしてどれだけの価値があるのかイマイチよくわからないという方の目にこの記事が留まればいいなぁなんて思いながら書いてみました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

それでは素敵な写真ライフを!

 

【関連記事】

TAMRON SP AF10-24mm F3.5-4.5で楽しむ、超広角の世界の魅力を語ってみる。 - ゆるカメライフ

AF-S NIKKOR 20mm F1.8がいい買い物だったのでその魅力を語ってみる - ゆるカメライフ

『初心者のレンズ選びの注意点』について、私の考えを語ってみる。 - ゆるカメライフ