読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるカメライフ

WordPressに移行しました。今までありがとうございました!

『初心者のマニュアル撮影』について考えてみる。

試験まだ終わってないのに更新ペース上がりすぎじゃない?単位大丈夫?と自分に聞きたい今日この頃。大丈夫大丈夫!(死亡フラグ

 
ということでこんにちは。
 
さて、一眼をお持ちの方に質問です。皆さん何のモードで撮影されていますか?
 
そして『マニュアルモード』に対してどんな印象をお持ちですか?
 
私は今現在『ものによってはマニュアルで撮るかな』という感じなのですが、
一眼を持ちたての時は『マニュアル=難しい・上級者』というイメージを持っていました。
 
どうやらそれは私だけではないようで、ツイッターなんかを見ていると『マニュアルに慣れて脱初心者をしたい』といった内容を呟かれてる人もいました。
 
果たして『マニュアル=難しい・上級者』なのでしょうか?
そうだとしたら、どうすれば使いこなせるようになるのでしょうか?
 
今回の記事はどの一眼でも搭載されていると思われる『絞り優先モード』『シャッタースピード優先モード』そして『マニュアル』との付き合い方を考えてみたいと思います。
 
 

  絞り優先モード

f:id:yurucamelife:20160117113529j:plain

 

f:id:yurucamelife:20160116231014j:plain

 
Nikonなら『Aモード』、Canonなら『Avモード』と書かれているやつ。
 
絞り、つまりF値を自分で決定し、シャッタースピードはカメラが決めてくれるモードのこと。
 
おそらく初心者はこれを使うのが無難だと思いますし、これを使いこなすことから始めると良いかなと思います。
 
絞り値とは、レンズを通って撮像素子上に写る像の明るさのことです。
絞り値を変えると、絞りの開き具合が変わり、レンズを通る光の量が変わります。
絞り値を大きくすると、絞りが絞られてレンズを通る光が少なくなり、絞り値を小さくすると、絞りが開かれてレンズを通る光が多くなります。
(ニコン公式サイトより引用)
 
個人的な意見ですが、シャッタースピードは初心者でもイメージがつきやすいものだと感じます。それに対して、『絞り』はいまいちイメージがしにくい
 
このモードで撮り続けていれば、絞る(F値を大きくする)とピントが合う範囲が広くなり、開放(F値を小さくする)とその範囲が狭くなるのが分かってきますし、
その中でもいい塩梅の絞りがだんだんとつかめてくるはず。
 
ここで絞り優先モードを使う初心者さんに、同じ初心者として一つアドバイスを。
 
それは『カメラが決めてくれたシャッタースピードをチェックしておこう』です。
 
F値は分かった、けどF値とそれに適したシャッタースピードの関係は初心者にはなかなか掴みにくいもの。
絞り優先で撮影しながらこの感覚を身に付けると、後述のマニュアル撮影でそれが活きてくるはずです。
 
 

  シャッタースピード優先モード

f:id:yurucamelife:20160117113529j:plain

 

f:id:yurucamelife:20160116231007j:plain

 
Nikonであれば『Sモード』、Canonであれば『Tvモード』。

 

今度はシャッタースピードを自分で決めて、絞りはカメラが決めてくれます。
 

f:id:yurucamelife:20160117102632j:plain

 
私はディズニーのショーパレード撮影が好きなのですが、
彼らの動きはとても早く、すぐ被写体ブレを起こしてしまうので1/500秒や1/640秒というシャッタースピードが意地でも必要になってくることから、割とこのモードを使うことは多いです。

 

yurucamelife.hateblo.jp 

 

私自身普段使いでこのモードにしたことがないので、もしかしたら『使ったことない!』という方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
お子さんの運動会など、ブレを起こしたくない!と思う場面で使えるモードであると言えます。
 

 

マニュアル撮影を考えよう:どんな場面がマニュアル撮影に向いている?

f:id:yurucamelife:20160117113529j:plain

 

f:id:yurucamelife:20160116231034j:plain

 
結論から言うとなんでもかんでもマニュアルで撮れるようになる必要はないと思っています。
いや、撮れるようになってダメなことはひとつもありませんけどね。
 
ただ、明らかにマニュアルの方がよく撮れるし、初心者がまずマニュアルを覚えるべきと思う撮影場面があります。それの最たるものが『夕暮れ』と『夜景』です。
 

f:id:yurucamelife:20160116095319j:plain

 

美しい幻想的な夕焼けの写真は、一眼を持つ者なら一度は憧れたことがあるはずです。
ただ夕焼けって、絞り優先で撮ると思いのほか明るく写ってしまうんですよね。
 
また、夜景についても絞り優先で撮ると結構暗く写ってしまって凹むことがあります。
 
そこでマニュアル撮影の出番なのです。手順はこの後書くとして、夜は昼の撮影に比べて被写体と余裕をもって向き合えると思うので、そういった意味でも夜景は初心者向けと言えると思います。
 

言い忘れていましたが、夜のマニュアル撮影には三脚が必須です。初心者はまず三脚を買うとグッと写真ライフが楽しくなりますよ!興味のある方はこちらへどうぞ。

yurucamelife.hateblo.jp

 

 

マニュアル撮影を考えよう:設定は他人ではなくカメラに聞こう!

f:id:yurucamelife:20160117113529j:plain

 

f:id:yurucamelife:20160116095551j:plain

 

とりあえずマニュアル撮影に挑戦するなら夕景と夜景が良いことはわかった。

でも、設定を自分で決めようとも基準が分からない。

 

SNSでも某知恵袋でもたまに「素敵な写真ですね、どうやって撮ったのですか」「○○が撮りたいのですが、おすすめの設定を教えてください」という質問を見かけるのですが、

上達したいなら、初めのうちは設定を人に聞くのはやめましょう!

 

あえて「初めのうちは」と書いたのは、マニュアルに慣れてきて理解が深まってから人に聞くのはすごくいいことだと思っているからです。

自分の写真をさらに昇華させてくれますし、ある程度慣れている人はそれを鵜呑みにするのではなく参考にするだけですから。

 

ただ初心者の場合、人に聞くとそれをそっくりそのまま試してしまうので、結果としてマニュアル撮影を覚えることに一切繋がらないと思うんです。

 

じゃあ誰に聞けばいいのか。私はカメラに聞くのが良いと考えています。

「カメラくん、ここならどんな設定がいいかな?」「うーんとね、それならF…」と答えてくれるわけではもちろんありません。しゃべるカメラ、あったら面白そうだけど。

 

ここでいう『カメラに聞く』とは『絞り優先モードの数値を参考にする』という意味です。

だから先述の絞り優先で「設定をチェックしておこう」なんて書いたんですね。

 

初心者がマニュアル撮影に挑戦するときは

①絞り優先で撮ってみて、好みのF値を探る

②そこからマニュアルモードに変えてシャッタースピードを変え、そこから必要に応じてISO感度を変えていく

が良いかなと個人的に考えています。

 

将来的にいろんなものをマニュアルで、自分の思う設定で自分の理想の1枚を撮りたいと考えているのであれば、

『この風景や被写体なら大体これくらい』ということを他人に聞かずに、自分で設定をイチから探っていく方が、

後々夕景や夜景に限らず、昼の風景から室内写真までマニュアルで撮れるまでに成長するはず。

 

余談ですが、夜景夕景はもちろんのことながら、

この記事で用いているモード毎の写真や、本ブログにおけるレンズなどの紹介写真は自分でマニュアル撮影しています。

私自身常日頃から絞り優先での撮影の際、カメラが決定する数値をよく見るようにしていたら、いつのまにか被写体を見てこれはどんな設定がいいかを判断して自分で決められるようになっていました。もちろんまだまだひよっこですが(´・ω・)

 

なにも何にもない状態から設定を生み出す必要はない、カメラが出してくれるヒントをたどれば、他人に聞いた時よりも何倍も自分の腕を磨けると思います。

 

 

  おわりに

f:id:yurucamelife:20160117113529j:plain

 

f:id:yurucamelife:20160116095507j:plain

 

この1枚、つい先日私が明石海峡大橋で撮影してきたものなのですが、ここ最近撮ったものの中で断トツのお気に入りの1枚なんです。

 

というのも、実は私がカメラを手にして初めて撮影のため遠出した先がここ、明石だったのです。

 

f:id:yurucamelife:20160116233730j:plain

 

載せるのも恥ずかしいものなんですが、あの頃は訳も分からずオートで撮りまくっていた私が

1年経った今、まだひよっことはいえマニュアルで自分の理想に近いものが撮れていることを実感できたのがとても嬉しくて。

 

マニュアル撮影ができる=上級者というわけではなくて、

私はマニュアル撮影ができる=自分の理想の写真と撮り方を理解している""表現者""だと思っています。

 

別にマニュアルで撮ったからといって、絞り優先やシャッタースピード優先モードで撮ったものよりいいものが撮れるかといえば必ずしもそうではありません。

 

今のカメラってめちゃくちゃ賢いし、下手すればオートの方が綺麗ってこともあるかもしれません。

 

でもマニュアルで撮った1枚って、なんか思い入れが違ってくるというか

しっかりとその1枚に自分を表現できているような、そんな感覚を味わえるのです。

 

その感覚は写真をもっと楽しくしてくれるし、さらに魅力的なものにしてくれるから、初心者のステップアップとしてマニュアル撮影に積極的に挑戦することはとてもいいことだと思うし、

これから始める人に何かしら伝えられないかしらと思い、この記事を書き始めました。

 

一人でも多くの初心者さんがマニュアル撮影への挑戦を通じて表現者となれることを願っていますし、

私も負けないようにもっともっと撮りに出かけたいと思います。期末試験あるけど。

 

それでは素敵な写真ライフを!