ゆるカメライフ

WordPressに移行しました。今までありがとうございました!

私が『もっと早く買っておけばよかった!』と感じたカメラグッズ5つを紹介してみる

 

小学生の頃は寒くなると『雪降るー?雪合戦する!』とはしゃいでいたのに

今ではすっかり引きこもり。年を取りました。こんにちは。

 

わたくし大学2年生、期末試験が始まりそれが終わると冬休みだきゃっほーとか言ってるのですが、

私がカメラデビューしたのは去年の冬休みで、あれから早くも1年。

以前の記事で初心者ながら写真を撮る時に心がけていることを色々書いてみたのですが、

 

今回の記事では、1年が経った今だからこそ思う、

もっと早く買ってればもっと撮影を早い段階から楽しめていただろうな…!と筆者が個人的に感じるカメラグッズをランキング形式で挙げてみたいと思います。

 

【第5位  ブロアー】

 

f:id:yurucamelife:20160114215746j:plain

 

空気でレンズフィルターのホコリやゴミなんかを取り除いてくれるグッズ。

 

恥ずかしながら筆者は最近まで持っていなかったのですが、

ある日たまたまファインダーを覗いてみると格子部分に黒い謎の物体が。

レンズの汚れかなと思い、レンズを変えてみるもまだある。

この汚れ、レンズ交換の際にファインダー内に入り込んでしまったものだったのです。

 

ブロアーをボディ内に吹きかけることで無事解決したのですが、

案外ファインダー内の異物って気になるなと感じたので、

なにかあった時のために1000円以下で売ってるものですので購入をお勧めしたいです。

 

【第4位  レンズペン】

 

f:id:yurucamelife:20160114215749j:plain

 

レンズフィルターを掃除する用のアイテム。

街中で割と一定数レンズキャップもフィルターもつけていない方を見かけるのですが、

初心者がカメラを気軽に連れ出すのには保護フィルターは必須アイテムですよ!

 

本題に戻って。今までフィルターが汚れた時は電器屋からもらったクリーナーシートみたいなものを使っていたのですが、

このレンズペンは、名前の通りペンのようにバッグのポケットに差しておけるスマートさもいいですし、

クリーニングチップでフィルター面をクルクルしてあげれば綺麗になる優れもの。

これも大体2000円ですし、フィルターの汚れは写りに直結するので、早いうちに準備して損はないと思います。

 

【第3位  望遠レンズ】

 

ダブルズームキットで買ったという人には少し休んでいただいて

標準ズーム1本付きで購入された初心者さんには是非望遠レンズの買い足しをお勧めしたい筆者。

 

f:id:yurucamelife:20160114184345j:plain

 

筆者はディズニーでの撮影を趣味としているため、初めからダブルズームキットで購入していたのですが、

望遠レンズがあると遠くの物が撮れるのはもちろんのこと、

月の撮影が出来ちゃったり、花を望遠レンズで撮ることでボケを活かした一枚が出来ちゃったりと色んな活用方法があります。

 

今年の冬休みに筆者が挑戦したいと思っている工場夜景なんかも

対岸から工場夜景を望んだ時に望遠レンズがあると、一つの工場をダイナミックに写せそうだなと思っています。

 

Nikonの場合比較的安価で望遠レンズが手に入りますし、

あまり使う機会がないという人なら、さらにお安いサードパーティーでの検討もいいかもしれません。望遠レンズはきっとあなたの写真の幅を広げてくれるはずです。

【第2位  単焦点レンズ】

 

f:id:yurucamelife:20160111160339j:plain

 

きました、筆者の大好物。単焦点レンズ見ながらご飯3杯は食えます。

 

写真を撮る上で大事なフットワーク・構図・フレームにおける取捨選択なんかの全てを教えてくれると言っても過言ではない単焦点レンズ。

 

『初心者が買うなら標準ズームキットではなくボディ単体と単焦点を!』と書かれているブロガーさんもちらほらいらっしゃいますが、

現実的に何も知らない初心者がそういった買い方が出来るかどうかはさておいて、

それくらい単焦点は初心者が持つべきアイテムだと言えます。

 

筆者の一眼デビューが昨年2月、単焦点デビューが同年5月で

そんなに出遅れた感はないのですが、それでも単焦点で撮り始めてから『もっと早くに買っとけばよかったな』と感じたので、この順位です。

 

あまりに単焦点が好きすぎて、このままだと1位を紹介できずに終わりかねないので

あとの単焦点トークは自分の過去記事に任せます(笑)

 

yurucamelife.hateblo.jp

 

yurucamelife.hateblo.jp

 

【第1位  三脚】

 

初心者はまず三脚を買おう!

それもただの三脚じゃなくていい三脚を買おう!

 

これが言いたくてこの記事書いてるようなものだった気がします。

実はつい先日三脚を買い替えたのですが、『買い替えた』ということは前に持ってた三脚があるわけで、

みんな大好きヨドバシカメラで安いなと思って飛びついたものだったのですが

何も考えず買った結果、めっちゃ高さ低いし、望遠レンズを着けて三脚に乗せたらぐらつくレベルの耐荷重だったわけです。完全に調査不足です。反省。

 

三脚をこのランキングの1位にした理由が『撮れる写真が変わるから』です。

カメラを持ち始める理由は人それぞれですが、夜景を綺麗に撮りたいと思わない人はいないはず。

 

f:id:yurucamelife:20160114191344j:plain

 

三脚があるとできるのが、長時間露光での撮影

カメラを持ってすぐはなかなか『目で見るよりきれいに感じる写真』は撮れないものですが、三脚があるとそれが少し叶うと思います。

 

f:id:yurucamelife:20160114192259j:plain

 

カメラを持ってそれが趣味として続くかどうかは『自分の写真に愛着が持てるか・感動できるか』が決め手だと個人的に思っています。

 

『撮れないからこそ楽しい!』と初めから思える人は少数派で(ある程度撮り続けるとそう思い始めることもありますが。筆者もそうです。)、

自分の写真に感動できないと『こんなもんかー』とやめてしまう気がします。

少しでも自分の写真に愛着を持たせてくれるアイテムが三脚だと思うのです。

 

ただ三脚と言ってもピンキリで、安いものなら私が最初に買った3000円未満のものから高いものなら3-4万はすると思います。

筆者のように買いなおすハメにならないために、失敗してみて感じた三脚購入のポイントは

 

  • ある程度値段で判断する(大体6000円-8000円くらい)
  • 自分の持っているボディとレンズの合計を優に超える耐荷重にする

 

機材を値段で判断するな!と何かの記事で書いた気がするのですが、

三脚に関してはレンズ等と違い、探している段階で違いが分かりにくいので

値段でその三脚の性能や安定感をある程度測るのが無難だと思います。

 

また、私の新しい三脚はフルサイズに乗り換えた後も長く使えるように耐荷重4.5kgのものにしましたが、

耐えられる重さがある三脚の方が安定し、より快適に長時間露光撮影ができると思うので、予算が許す限り耐荷重の大きいものをチョイスすべきだと思います。

 

なお、レリーズについてですが、私は未だにレリーズを使用していません。

というのも2秒セルフタイマーが案外使えたり、Wi-Fiで機能のあるボディであればスマホから遠隔操作できたりします。

ゆえに、レリーズはあった方がいいとは思いますが早急に初心者が用意すべきものとは言えない気がしたのでランキング外としました。でもレリーズ欲しいなあ(´・ω・)

 

 

【おわりに】

 

f:id:yurucamelife:20160114223447j:plain

 

 一眼を持って1年経った今、1年前の自分にアドバイスができるのなら真っ先にこれを買わせたい!と思うものをピックアップしてみました。

 

ポートレートが目的の方であれば、ストロボなどの優先順位が上がってきそうですが、

 

筆者のように風景撮影が主であるタイプであれば、

三脚×キットレンズで長時間露光に挑戦⇒単焦点レンズで構図等磨きをかける⇒望遠レンズでさらなる境地を開拓する

という感じで進められたら理想かなと思っていたり。

 

1年前の筆者にまず言いたいのは『お金かけていいから良い三脚をまず買え』ということ(笑)

三脚があると星の撮影もできますし、『iphoneで撮れない』をたくさん実現できますし、一眼で撮っていることを実感すると撮影自体が楽しく感じられますし。

 

先述の通り、写真はいかに自分の写真に愛着を持てるか、どれくらい自分の写真の向き合う気になるかということが、上達やそれ以前に写真を続ける上で大事なことだと思うので、こういった機材を買い足していくことが長く続けていくために必要かなと考え、

カメラを持ったばかりで右も左もわからない、もしくは買ったけれど活用方法が分からないという方の手ほどきに少しでもなれば、と思い書いてみました。

 

私が挙げた以外に『これもあると便利だよ!』というものがあれば、是非是非コメントください♪

 

それでは素敵な写真ライフを!