読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるカメライフ

WordPressに移行しました。今までありがとうございました!

初級機は本当に""初級機""なのか

めっきり寒くなりましたが、みなさん写真楽しまれているでしょうか?

寒くて引きこもってます、こんにちは。

 

カッコつけたタイトルを付けましたが、今回私が書きたいのは『機材との向き合い方』について。

 

なお、これは意見というより初心者の独り言・戯言のようなものですので、適当に流して読んでいただければと思います。

 

誰だって初めてカメラを持つときはみんな初心者。

初心者は何を、どんな機種を買えばいいのか。

そう考えている時に勧められるのがエントリー機、つまり初級機

カメラの二大メーカー、CanonNikonからはこういう機種が出ており、実際に持っている方も多いのではないのでしょうか。

 

『すごい1枚を自分の手で撮ってみたい』という気持ちから一眼レフを手にする方は多いでしょうし、私もそうです。

しかし、思ったようにはうまく撮れない単焦点レンズか、超広角レンズか、フルサイズ機があればもっとすごい絵が撮れるに違いない…フルサイズ欲しい…そう考える人をちらほら見かけます。

 

ここで私が思うのは『初級機は本当に"初級機"なのか』ということです。

華麗なるタイトル回収。

 

f:id:yurucamelife:20151220193121j:plain

 

あくまで個人的な考えですが、『初級機』という言い方があまり好きではありません。

 

メーカーさんや機種によって様々な違いはあると思います。

けれども、どのメーカーのどの機種を使っていても絞りをいじり、シャッタースピードをいじり、感度を考慮し、場所や太陽の向きを考えた上でファインダーを覗くことに変わりありません。

結局やるべきことは初級機であれフルサイズであれ変わらないことから、初級機で撮れてなければフルサイズでもその人は良い1枚は撮れないのではないかなと思うのです。

 

写真に慣れてきて、でも慣れてきたからこそ理想が高くなって『フルサイズが欲しい』と言い出した人に『今の機種とフルサイズ、何がどう違うから良い絵が撮れるのか』と質問して答えられるかといえば、私は答えられません。

逆に『今の機種の何が原因で理想の1枚が撮れないのか』と聞かれても、カメラ側の原因については何も答えられない気がします。

 

多くの人が『すごい』と思うような写真を撮る人は、機材への理解は深いし、被写体や理想の1枚へのビジョンもしっかりされてるからこそ撮れるのだと思うし、まずやるべきことはそういうことなんだと考えています。

 

初級機は""初級機""ではなく、すべてのカメララインナップにおける立派な1台。

その機種が撮れないのではなく、機種を使っている者にまだ撮るだけの力が付いていないだけなのだと思います。

 

ただ、当然ながらキットレンズでは撮れない絵はあります(ex.魚眼、超広角)

しかし、それらは特殊な分、使いこなしに苦労しますし、私も11月に10-24mm(換算16-37mm)を持ち始めましたが四苦八苦しています。

超広角はファインダーを覗いた時の感動はすごいのですが、いざ撮ろうと思うと相当難しい。何も考えずに撮ると本当に訳の分からない1枚になってしまいました。

ここで気付くのが基礎的な構図の撮り方と、超広角特有のパースについての知識が足らないことです。

結局基本がしっかりしてないと、新しいレンズを持ってもイマイチになってしまうんですよね。難しいし奥が深い深すぎる…。

 

私自身、今ちょうど旅用の単焦点の買い足しを検討していますし、フルサイズ機への漠然とした憧れはあります。

新しいレンズ、新しい機種を持つことでワクワクし、撮影へのモチベーションが上がることは誰だって同じだと思います。

しかし、そのレンズや機種に素晴らしい1枚を期待するのは、自分の技術の成長を邪魔するのではないかなと感じます。

 

上手い人は初級機を使ってても確実に素晴らしい1枚を撮ります。

自分が今持っているカメラでそれを撮るにはどうすればいいのか、それを考えて初めて写真が上手くなれるのではないか。

 

機材をそろえることも楽しいので、それを否定するつもりは全くありません。

機材があって悪いことは一つもないですから。

ただ、『機材を使って撮るか』『機材が撮るか』どちらが良いかという話だと思います。

 

f:id:yurucamelife:20151230085100j:plain

 

『初級機』という言い方が好きでないと言いながら、さっきから初級機と言い続けているのですが

個人的にカメラを買う際、自分の腕やカメラ歴に沿って機種を選ぶのではなく、自分の予算に沿って選ぶべきだと考えています。

 

初級機という概念を捨てて、予算ぎりぎりで買ったものなら『これは初級機だから』とかいう言い訳は出来なくなります。

初心者だからエントリー機でなければいけないということもないと思いますし、少し背伸びするくらいの機種の方が長く続けられる気がしたり(モチベーション的な意味で)。

背伸びといっても無理して大金出す必要はないですが(;´・ω・)

 

最近色々と思うことが増え、ブログの記事として書き出してみましたが、機材について私が思うことをまとめると

 

・漠然と『フルサイズ欲しい』と言ってる間はフルサイズを持っても良い1枚は撮れない

・撮ってみたいと思う1枚に出会ったら、その撮影者の機材に目を向ける前に、その1枚の撮り方を研究する

・持ってる機材の力を出し切ってやるくらいまで、それくらい今の機材のメリットデメリットと向き合ってから買い足しを検討する

・初級機を持っていても立派なカメラマンの一人である誇りを持って撮った方が楽しいし、良い1枚が撮れる

・うまくなるためには機材を使う前に自分の頭と足を使った方が上達する

・『初級機だから』『初心者だから』という言い訳はやめよう

・思っているより自分のカメラには""撮る力""がある

 

こんな感じです。

偉そうなことを書いていますが、書きながら筆者の心はグサグサ刺されています(笑)文字に起こしてみて改めて気付くことってありますね。

 

こうやって書いていると写真撮りたくなってきました。

きっと今私がメインで使っているAPS-C機であるNikon D5500も、まだ私が知らないだけで、たくさんの素晴らしい1枚を撮る力を秘めているのではないかと思っています。

 

来年もこの子と一緒にいろんな場所に出かけたいと思います。

それでは素敵な写真ライフを!

そしてみなさん、よいお年を♪

 

 

 

追記(2015/12/31)

今までの記事以上にこの記事が色んな方に読んでいただけているようで感謝の極みです。

そしてコメントまでいただきました。

入門機、初級機の概念は
カメラの操作が苦手な方でも(=誰でも)簡単に撮ることができる、です。
中級機以降は操作がしやすいように。
上級機種になればなるほど、オートモードが減る。よってやってることは同じってのは実は違うんですよ。
マニュアル露出などで設定しようとすると勝手の違いがわかります。 

確かに言われてみればそうですね…

ブログの題名に書かれている通り、この記事は初心者が書いておりますし、初心者向けに書いているつもりです。

この記事で私が言いたかったのは『持っているカメラを活かそう、そのカメラは思っている以上に撮れるぞ』ということだけなので、一般的な初級機上級機概念はここでは必要ないかなと思い、自分の考えのみ書きました。

せっかくいただいたカメラに詳しい方からのコメントなので、なにかしらで活かせないかなと思い追記しました。

それではまた2016年にお会いしましょう!

 

広告を非表示にする